ノビシロ.COM

【大学辞めてアフリカ行く!】アフリカ行きを決めたときの話

time 2018/09/24

【大学辞めてアフリカ行く!】アフリカ行きを決めたときの話

今すぐヨーロッパに行きたいノビシロ.COMです。

今まで行った国はオーストラリア・フィリピン・タンザニア・ウガンダ・ルワンダの5カ国のみ。

その中で今回はアフリカに行くまでのストーリーをシェアします!

sponsored link

きっかけはイラク戦争

紛争で死ぬ同年代の子供たち

父親が元自衛官で、国内外問わずしょっちゅう色んな地域に派遣されていました。
中でも2003年にアメリカがイラク侵攻を開始したときのことは鮮明に覚えています。

おそらくPKO部隊として父もイラクへ派遣されたのだと思いますが、
半年ほど現地での仕事に従事し帰国。

その時持ち帰ってきたのは、
同年代の子供が傷ついている写真やご遺体の写真などが載った写真集(雑誌?)。

当時僕はまだ小学校2年生。ショックを受けました。

すごくチープな言葉だけど、それまで知らなかった世界を知り、
「何かしたい。」ただ漠然とそう思ったのを覚えています。

漠然と途上国で仕事がしたいと思い始める


今考えると意識の高い小学生ですが、ボランティアの存在しか知らなかった当時の僕は、
そのまま中学三年生になり、ふと将来を考えてもやっぱりそういった国で働きたいという思いが強かった。

だけど高校では本気でバスケがしたいと思っていたから強い高校に進学。
その時の話はこちらの記事へ↓

【前十字靱帯断裂!半月板も損傷!】苦悶の高校時代から大学へ

ケガをしつつもバスケをやりきりまた将来のことを考えたときに、
家族を持ちたいという気持ちがあり、ボランティアでは食っていけないという事実に気付きました。

これは結構事件でした。どうするおれ!?状態。

ケガのこともあってバスケの強い大学に行くのは断念し、
ある程度興味があって且つ推薦で入れるのが今のところだったから入ることに。

そこで新しい気づきを得ました。

徐々にビジネスに関心を持つように

最初はフェアトレード


大学に入り勉強していたときに、【フェアトレード】という概念を知り、
「そうか、ボランティアだけでなくビジネスっていう切り口もあるのか!」
と思い、ビジネスに興味を持つように。

そして世界の中心は西欧やアメリカからアジアへシフトしてきていて、
東南アジアが面白いことも知り、将来は海外の日系民間企業で働く!と思った時期も。

でもまたある変化が。

その概念が理解できなくなった

僕はフェアトレードに反対です。

理由は、「当たり前のことをなに言ってんの?」って思うからです。

普通に考えて貿易がフェア(対等)なのは今の時代当たり前ですよね?
だから本当にフェアな世界は、「フェアトレードという言葉がなくなること」だと思っています。

買い叩かれていた農家などを守るためにつくられた仕組みであり、
それが提唱された当時は”画期的だった”のかも知れないけど、もう時代遅れだと思うわけです。

それに貿易の絡む事業以外でも、
労働や文化の搾取はきっと起こっているんだろうなと思うところもあり、

自分で何かをしたいという考えに。

自分で何かしたい

まずは現場を知らないと

そう感じてからは「途上国で起業したい!」と考えるようになりました。
でもどこの誰がどんな風に困っているのか分からない。

じゃあ行くしかない!ってことで、2017年を休学し8ヶ月間滞在したわけですが、

それまでになかなかホットな時期がありました笑

大学つまらないから辞める

僕「大学辞めたい」
親「辞めてどうするの?」
僕「アフリカ行ってくる」
親「……はぁ!?」絶句。

まあそうなりますよね笑

でも、大学で学んでいる経済は、正直本とか読みあさった方が効率的だと思ってるし、
本当に学ぶべきを学べないと思います。

なぜ為替が変動するのか、いつ創られた仕組みなのか、
金融の知識、資産運用、仮想通貨のことなど、

これからの社会を生き抜くのに必要なことは教えてくれません。

ミクロがどうのマクロがどうの、学者になるわけではない僕にとってすごく不要。

もちろん大枠の知識があって初めてお金のことが分かるとは思うけど、
まぁ500万も払って学ぶことかと聞かれたら……

極めつけは日本では大学で学んだことと就職先が関係ないこと(全てだとは思いません)。

そんな感じで辞めたいと思っていたら、両親からは猛反対。
タイミングも悪く、よく分からない理由で母とケンカしてた時期だった気が…笑

結局説得できず、辞める明確な理由も見つからないから、

休学なら、と落ち着きました。

そこから東京から京都まで歩き、
フィリピンに1ヶ月行き、
帰国後一週間でアフリカへと飛び立ちました。

京都まで歩いた話はこちら

【現代の参勤交代!?】東京から京都まで歩いて旅をした話①

【現代の参勤交代!?】東京から京都まで歩いて旅をした話②

向こうでのことは記事にしますが、
旅・インターン・ボランティアなど色々やってました。


(タンザニアで見た広大なサトウキビ畑)

そして行ってみた結果もっと何がしたいのか分からなくなり帰国しました笑
もうノビシロしかないなと笑

そして2018年四月に復学し現在大学三年生をやっています。
ちなみに復学した今でもつまらないと思ってます。

ただ、
・辞めて何するかが決まってないこと
・人生の選択肢を大幅に狭めること

この二つがネックでそのまま通っています。

こんな感じでアフリカ行きを決めました笑

でも間違いなく言えることは、行ってよかったってこと。

毎日が発見で驚きにあふれてた。

知らないことだらけで、だからこそもっと世界のことを知りたいと思った。

だから留学に行こうか迷ってる人には、
全力で行くことをすすめます!

言葉を学ぶでも政治でも環境でも、目的はなんでもいい。
だけど世界の広さを早い段階で知ることで価値観が変わるし、
これからの人生に大きな影響を与えると思います!

そんなわけでアフリカだろうがアジアだろうがアメリカだろうが南米だろうがヨーロッパだろうが、
行きたいところがあるならさっさと行こう!

最後雑な結論になったけど笑
Have A Nice Day!!!

sponsored link

down

コメントする




 ノビシロ.COMについて

大学3年生。 旅・読書・お酒・コーヒー・暗号通貨・ブロックチェーン・これから立ち上げるカフェのことなど、 広めのテーマで記事を書いていきます。 [詳細]

CATEGORY

Search