ノビシロ.COM

【視力0.1なかった僕が1.5まで回復!】レーシックが最高な件

time 2018/10/04

【視力0.1なかった僕が1.5まで回復!】レーシックが最高な件

極度の近視で「人生オワタww」だったノビシロ.COMです。

何度か記事にしていますが昨年度アフリカに行っておりました。

【大学辞めてアフリカ行く!】アフリカ行きを決めたときの話

もし向こうに行って荷物を盗られたりメガネが壊れたら大変なことになると思ったので、時を同じくしてアフリカに行った方に薦められた、品川近視クリニックでレーシックを受けました。

クリニックHP

控えめに言って最高なので、今回は受けるか迷っている方の為に一連の流れをまとめます。

sponsored link

当日の検査流れ

まず、日帰りパックか検査日とオペ日を分けて行うプランを選べますが、僕は日帰りで受けました。その場合は当日9:30に病院に来るように言われます。

問診票の記入とDNA検査


病院に着くと5分ほどで終わる問診票を書きます。

項目は、だいたいこんな感じ
・性別生年月日
・過去の眼の病気の有無
・来院のきっかけ

その後待合室に通され、呼ばれたらアベリーノ検査と呼ばれるDNA検査をします。
アベリーノ検査について詳しくはこちら

この検査で引っ掛かってしまうと手術を受けられないのですが、確率的に1000人に1人くらいのと言われているので、受けるかどうかに関するそもそもの判断基準にはならないかと思います。

やることは至って簡単で、綿棒で頬の内側をグリグリして粘膜を採取するだけ。
(小学校の理科の実験でやったかな?)

この検査で唯一難点なのは、検査結果が夕方にならないと分からないこと。

それまで色んな検査をしますが、最後の最後で引っ掛かってしまうと、一日の検査が無駄に…ということに。ただその可能性は低めです。

目をくまなくチェック


アベリーノ検査を終えると、眼圧・角膜の厚さ・眼の形状・細胞数・視力・乱視度など、とにかく眼を徹底的に検査します。

この中でポイントになるのは角膜の厚さで、これによって価格に大きな違いが生まれます。

手術プランと価格の説明

検査を終えると今度はドクターと面談。
ここで手術の概要(価格や機能面)、メリットデメリット、合併症などのリスクを聞きます。

その最後に眼の瞳孔を開く目薬(これがとてもまぶしい)を差し、30分ほど間を空けて、眼の深部をチェックしたら午前はおしまいです。

合併症やリスクの詳細はこちら

価格は下は7万から上は30万とかなり開きがありますが、基本的に高い方がいいマシンを使うため、術後の合併症などのリスクが下がります。

レーザーの照射時間、正確性、レーザーのエネルギー量などが異なり、
高いほど短い時間で、エネルギーが少ない分眼に優しいそうです。

僕が選んだのはアマリス750Zのプラン。これは税抜き29.7万円とお高いですが、
23万円のプランと異なり、このプランから7次元で眼の動きを捉えるマシンを使うため、眼球へのダメージが少なくかなり低いリスクで済むそうです。

手術時にレーザーを当てられると眼が動いてしまうのですが、そのズレをきちんとフォローできる優れものなんだとか。
これから80年近く付き合っていく眼なのでやるならちゃんとしたものを受けたかった笑

ただ検査のところで触れたように、角膜の厚さを調べる検査結果で薄いと判明した場合、角膜強靱化オプションを推奨されます。

どういうことかと言うと、通常レーシックでは角膜にレーザーを当てて削ることで、ずれていたピントを調整します。

近視が強ければ強いほど厚く削るのですが、それに加えて生まれ持った角膜が薄いと、

眼圧(眼の内側からかかっている圧力)に負けて眼球が変形してしまい、以下のようなリスクを負うことに。

  • 3年以内に視力が下がる可能性が60%以上
  • その場合の再手術は不可

ネックなのは値段で、
角膜強靱化オプションをつけた場合、
なんと通常の29.7万円から65万円まで爆上がり。

ただ先生が、「学生だから大変だよね。学割で45万にしとくよ」となんと20万円の値引き笑
もう適正価格が分からない笑

まぁあとで聞いた話だと、そのマシンを開発した会社が特許を持っているらしく、一回オペで使うごとに莫大な利用料を支払うんだとか。
だから病院に入るお金自体は雀の涙…?

話がそれましたが、だいたい2時間半ほどで午前中の検査は終わります。

夕方オペ開始


15時半に戻るように指示をされたので、その間にランチを済ませます。
(有楽町だからなんでもある)

そして戻ってから一番最初に受けたDNA検査の結果を知らされ、問題がなければ視力検査など、午前中のおさらいをしてからすぐにオペに入ります。

使う麻酔は目薬で、針は使いませんし、ベッドに横になり目を固定されますが痛みは感じません。

オペ中は緑色の点を見てるように指示されますが、目が動いてしまうためその点を見失い軽いパニックになりますが、アマリス君ならその動きをフォローしてくれます。

片目の照射時間はだいたい15秒ほどで、オペ全体は10分あれば終わります。

角膜強靱化をする場合は別室に移動し、約一分間ビタミンの目薬を入れ続け最後に紫外線のレーザ-で補強したらおしまいです。

解散

終わった直後で視力が回復してるのを感じましたが、視界はすごくぼやけてます。

その後目を落ち着かせるために15分ほど目をつぶります。15分経ったら目薬の説明を受け解散という流れで、全て終わったのが17時半くらいだったので丸一日かかります。

正直、麻酔が切れた後は結構痛いです泣

今まで感じたことのない不思議な痛みなのでやった人にしか分からないやつなのですが。。。でもその日の23時頃には落ち着きました。

翌日検診

翌朝起きると結構が視界クリア!気分上がります!
再度9:30にクリニックに行き、視力検査や眼に変な傷がないかを検査。

ちなみに術前と術後の視力比較

㊨ 0.05 (-8.75)
㊧ 0.05 (-8.25)

術後
㊨1.2
㊧1.0

更に一月後の検診では両目とも1.5まで回復してました!

感想

記事は2018年10月に書いてますが、
オペは2017年3月に受けました。

1年半経ってみて特に問題がないし、
なによりアフリカにいたときは本当に受けてよかったと思いました。

一生コンタクトを買い続けるのと、今(当時まだ二十歳)でレーシックを受けるのとで、どっちが経済的かも計算した上で決めました。

僕の場合は乱視+両目の度が違う+強度(コンタクトだと-9くらい笑)だったので、
3ヶ月で8000円。1年で三万二千円×10年で32万円。

圧倒的にコスパがいいですし、何より楽!!!

検討している方のお役に立てたら何よりです。
ちなみに紹介割りで-5万になるのでご相談ください。

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 ノビシロ.COMについて

大学3年生。 旅・読書・お酒・コーヒー・暗号通貨・ブロックチェーン・これから立ち上げるカフェのことなど、 広めのテーマで記事を書いていきます。 [詳細]

Search

CATEGORY